東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 東紀州百科事典 >> 民俗・文化・歴史 >> 弁天神社  < べんてんじんじゃ >
東紀州百科事典

ジャンル: 民俗・文化・歴史 | 自然・風土・環境 | 方言・郷土料理・物産 | 行政・統計・経済

民俗・文化・歴史 弁天神社  < べんてんじんじゃ > < 熊野市(旧熊野市、旧紀和町) >
ご祭神 辨財天
鎮座地 三重県熊野市木本町
弁天神社
鬼ケ城西口(木本側)、木本漁港に向かって行くと丁度漁港の真横に白い鳥居があり、登り口となっている。
登り口からは、急な階段ではあるが弁天神社までは、2〜3分もあれば着いてしまう。階段を上りきり少し登るように歩いて行くと、きれいな石積みが左手に見え、その石積みの上に小さな社があり、ここが弁天神社とわかります。
海側には低木の常緑樹があり、その向こうに七里御浜が連なり、木本の街並が見えます。
弁天神社
入り口のところには、弁天神社の説明が書かれた看板がありますが、風雨のため前半部分の下がほとんど読めなくなっていました。
看板の最後には、
昭和55年8月4日
熊野市文化財調査委員
岡本 實
木本漁業協同組合
と、この看板を設置したであろう日付と、関係者の名前が書かれています。
弁天神社
看板の後半には、こう書かれていました。
辨財天は非常に美神にして、辨財天を祀る村には昔から美人が多いと言われ、又この浦の出舟入舟を見守る守護神として信仰されてきました。口碑によると木本村の一丁目に岩田屋という雑貨屋があり、財をなしてその邸内に立派な弁財天を私祭していましたが、そこの老婆の遺言でそれを現在地に遷宮したと言われ、今に伝わる御本尊はそのときのものであると伝えられています。
写真は鳥居横にある岩を削った階段。
弁天神社
その岩を削った階段を上ると写真のように、岩の中に祠があり、その前には白い石が敷き詰められています。 弁天神社
祠のあたりから見た熊野灘。
晴れていれば青く美しい海が見ることができます。
弁天神社
岩を削った階段からは、鳥居越しに木本の街並が見られます。
海を町を見守っているかのようです。
弁天神社

データ
参考文献
  弁天神社看板より
その他関連情報
  どなたか、弁天神社の詳しい資料をお持ちではないでしょうか、また詳しく載っている書籍がお分かりの場合も教えていただければ幸いです。
東紀州ITコミュニティまでご連絡下さい。


ジャンル別トップページへ戻る
東紀州百科事典トップページへ戻る
くまどこトップページへ戻る

▲このページのトップに戻る

東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(C) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.