熊野古道
くまどこショッピングモール 東紀州ほっとネットくまどこ
トップページ >> 世界遺産登録 >> 三重県内の登録資産
世界遺産登録
1.熊野参詣道 伊勢路(総延長 34.2km) 
名 称 区間、区域(km、屐
ツヅラト峠道 ツヅラト峠道度会郡大紀町大内山志子谷から北牟婁郡紀北町紀伊長島区島原間(1.4)
荷坂峠道 北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島地内(0.9)
三浦峠道(熊ヶ谷道) 北牟婁郡紀北町紀伊長島区道瀬から同町三浦間(1.5)
始神峠道 北牟婁郡紀北町紀伊長島区三浦から同町海山区馬瀬間(1.7)
馬越峠道 北牟婁郡紀北町海山区相賀から尾鷲市北浦町間(2.6)
八鬼山道 尾鷲市矢浜大道から同市名柄町間(7.5)
三木峠道
羽後峠道
尾鷲市三木里町から同市賀田町間(2.2)
曽根次郎坂・太郎坂 尾鷲市曽根町から熊野市二木島町間(4.2)
二木島峠道
逢神坂峠道
逢神坂峠道 熊野市二木島町から同市新鹿町間(3.0)
波田須の道 熊野市波田須町地内(0.3)
大吹峠道 熊野市波田須町から同市磯崎町間(1.4)
観音道 熊野市大泊町地内(0.9)
 観音道の石仏
松本峠道 熊野市大泊町から同市木本町間(0.7)
横垣峠道 南牟婁郡御浜町神木から同町阪本間(1.8)
 横垣峠道
風伝峠道 南牟婁郡御浜町川瀬から熊野市紀和町矢の川間(1.8)
本宮道 熊野市紀和町矢の川地内(0.9)
熊野市紀和町小栗須から小川口(0.6)
熊野市紀和町小栗須から湯ノ口(0.2)
熊野市紀和町湯ノ口から大河内(0.4)
熊野市紀和町楊枝川地内(0.2)
熊野川 熊野市紀和町小船地内から南牟婁郡紀宝町鮒田地内(21.0)
 熊野川
七里御浜 熊野市井戸町から南牟婁郡紀宝町(18.0)
 七里御浜海岸
花の窟 熊野市有馬町字上ノ地130−1、130−2、130−3(2,199)
 三重県内の「伊勢路」「熊野川」「七里御浜」「花の窟」は、いずれも史跡本体のみならず、周辺の景観とあいまって高い価値をもつことが評価されたものです。「七里御浜」と「熊野川」は、「海浜」「川」の国史跡指定として全国初の取り組みです。

2.熊野の鬼ヶ城附獅子巖 
名 称 区域(屐
 熊野の鬼ヶ城 熊野市木本町字1789(45,752)
 獅子巖 熊野市井戸町字馬留596(上記に含む)
 獅子巖
 「熊野の鬼ヶ城附獅子巖」は、熊野参詣道沿いの文化的景観です。江戸時代の文献などにも景勝の地として登場。学術的にも貴重で、1935年12月に国の天然記念物及び名勝に指定されています。

3.熊野三山
名 称 区域(屐
 熊野速玉大社
  御船島
南牟婁郡紀宝町鮒田字右市ヶ鼻1521(2,654)
 熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社のことを示す「熊野三山」。10世紀後半には、「熊野三所権現」として日本第一の霊験としての信仰を集めるようになります。神仏習合の醸成された場所でもあります。
 三重県に関係する史跡として、熊野速玉大社の境内地で熊野川の中州の無人島である「御船島」があります。熊野速玉大社の祭礼の場で、毎年10月16日には熊野速玉大社の主祭神が「神幸船」で御船島に渡る「御船祭」が行われます。

 
▲このページのトップへ戻る
<トップページへ戻る

本宮近道(木本〜神木) 観音道 松本峠(大泊〜木本・有井) 浜街道(木本〜速玉大社・新宮) 波田須・大吹峠(新鹿〜大泊) 横垣峠・風伝峠(神木〜矢ノ川) 本宮道(矢ノ川〜楊枝・志古) 川丈街道(志古〜速玉大社・新宮) 志古〜本宮大社 通り峠・丸山千枚田 二木島峠・逢神坂峠(二木島〜新鹿) 曽根次郎坂太郎坂(曽根〜二木島) 三木峠・羽後峠(名柄〜曽根) 八鬼山越え(向井〜名柄) 始神峠(三浦〜相賀) 馬越峠(相賀〜向井) 猪ノ鼻水平道 一石峠・熊谷道(加田〜三浦) 波田須・大吹峠・松本峠(新鹿〜木本・有井) 浜街道(木本〜速玉大社・新宮) 川丈街道(志古〜速玉大社・新宮) 志古〜本宮大社 本宮道(矢ノ川〜楊枝・志古) 横垣峠・風伝峠(神木〜矢ノ川) 通り峠・丸山千枚田 本宮近道(木本〜神木) 観音道 二木島峠・逢神坂峠(二木島〜新鹿) 曽根次郎坂太郎坂(曽根〜二木島) 三木峠・羽後峠(名柄〜曽根) 八鬼山越え(向井〜名柄) 猪ノ鼻水平道 馬越峠(相賀〜向井) 始神峠(三浦〜相賀) 一石峠・熊谷道(加田〜三浦) 荷坂峠(梅ヶ谷〜加田) 荷坂峠(梅ヶ谷〜加田) ツヅラト峠(梅ヶ谷〜加田) ツヅラト峠(梅ヶ谷〜加田) 滝原〜梅ヶ谷 滝原〜梅ヶ谷 三瀬坂峠(栃原〜滝原) 三瀬坂峠(栃原〜滝原) 女鬼峠(田丸〜栃原) 女鬼峠(田丸〜栃原) 伊勢神宮(内宮)〜田丸 伊勢神宮(内宮)〜田丸 熊野古道 伊勢路 全行程
English

最新情報・イベント

古道掲示板

熊野古道を知る

 ●熊野古道とは
 ●歩く心得・注意
 ●世界遺産登録について
 ●動画で見る熊野古道

コース紹介

 ●コース紹介
 ●熊野古道のみどころ
 ●熊野古道写真集

ウォーキングレポ

熊野古道と共に

 ●地域・人々の紹介
 ●熊野古道グッズ
 ●お店・宿泊
 ●古道関連情報
 ●熊野古道リンク

古道レンタルマップ


トップページ >> 世界遺産登録 > 三重県内の登録物件
世界遺産登録へ
1.熊野参詣道 伊勢路(総延長 34.2km) 
名称 区間、区域(km、屐
ツヅラト峠道 度会郡大紀町大内山志子谷から北牟婁郡紀伊長島町島原間(1.4)
荷坂峠道 北牟婁郡紀伊長島町東長島地内(0.9)
三浦峠道(熊ヶ谷道) 北牟婁郡紀伊長島町道瀬から同町三浦間(1.5)
始神峠道 北牟婁郡紀伊長島町三浦から同郡海山町馬瀬間(1.7)
馬越峠道 北牟婁郡海山町相賀から尾鷲市北浦町間(2.6)
八鬼山道 尾鷲市矢浜大道から同市名柄町間(7.5)
三木峠道
羽後峠道
尾鷲市三木里町から同市賀田町間(2.2)
曽根次郎坂・太郎坂 尾鷲市曽根町から熊野市二木島町間(4.2)
二木島峠道
逢神坂峠道
熊野市二木島町から同市新鹿町間(3.0)
波田須の道 熊野市波田須町地内(0.3)
大吹峠道 熊野市波田須町から同市磯崎町間(1.4)
観音道 熊野市大泊町地内(0.9)
松本峠道 熊野市大泊町から同市木本町間(0.7)
横垣峠道 南牟婁郡御浜町神木から同町阪本間(1.8)
風伝峠道 南牟婁郡御浜町川瀬から同郡紀和町矢の川間(1.8)
本宮道 南牟婁郡紀和町矢の川地内(0.9)
南牟婁郡紀和町小栗須から小川口(0.6)
南牟婁郡紀和町小栗須から湯ノ口(0.2)
南牟婁郡紀和町湯ノ口から大河内(0.4)
南牟婁郡紀和町楊枝川地内(0.2)
熊野川 南牟婁郡紀和町小船地内から同郡紀宝町鮒田地内(21.0)
七里御浜 熊野市井戸町から南牟婁郡鵜殿村(18.0)
花の窟 熊野市有馬町字上ノ地130−1、130−2、130−3(2,199)
 三重県内の「伊勢路」「熊野川」「七里御浜」「花の窟」は、いずれも史跡本体のみならず、周辺の景観とあいまって高い価値をもつことが評価されたものです。「七里御浜」と「熊野川」は、「海浜」「川」の国史跡指定として全国初の取り組みです。

2.熊野の鬼ヶ城附獅子巖 
名称 区域(屐
 熊野の鬼ヶ城 熊野市木本町字1789(45,752)
 獅子巖 熊野市井戸町字馬留596(上記に含む)
 「熊野の鬼ヶ城附獅子巖」は、熊野参詣道沿いの文化的景観です。江戸時代の文献などにも景勝の地として登場。学術的にも貴重で、1935年12月に国の天然記念物及び名勝に指定されています。


3.熊野三山
名称 区域(屐
 熊野速玉大社
  御船島
南牟婁郡紀宝町鮒田字右市ヶ鼻1521(2,654)
 熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社のことを示す「熊野三山」。10世紀後半には、「熊野三所権現」として日本第一の霊験としての信仰を集めるようになります。神仏習合の醸成された場所でもあります。
 三重県に関係する史跡として、熊野速玉大社の境内地で熊野川の中州の無人島である「御船島」があります。熊野速玉大社の祭礼の場で、毎年10月16日には熊野速玉大社の主祭神が「神幸船」で御船島に渡る「御船祭」が行われます。


東紀州ほっとネット くまどこ
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-MAIL:info@kumadoco.net
Copyright(C)2004 KUMADOCO.NET All Rights Reserved.