東紀州ほっとネット くまどこ
三重県東紀州をつなぐ地域ポータルサイトです。
くまどことは? | よくあるご質問 | お問い合わせ
サイト内検索
ホーム | サイトマップ | 初めての方へ
〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 地域別ページ >> 尾鷲市 >> ニュース >> 12/2〜 県立熊野古道センターで企画展「集落展 文脈のカタチ〜紀伊半島の漁村空間」が開催されています【1/21迄】※入場無料(12/31・1/1は休館)
地域別ページ

尾鷲市
尾鷲市トップページ|ニュース|おすすめリンク地元リレーエッセイアクセスマップ | くらしの情報 | 店舗情報防災情報

ニュース

12/2〜 県立熊野古道センターで企画展「集落展 文脈のカタチ〜紀伊半島の漁村空間」が開催されています【1/21迄】※入場無料(12/31・1/1は休館)(2017/12/05)  

 尾鷲市向井にある三重県立熊野古道センター【地図】において企画展「集落展 文脈のカタチ〜紀伊半島の漁村空間」がこの12月2日(土)から1月21日(日)まで開催されます(開館時間9時から17時)。

紀伊半島の沿岸に点在する漁村集落には、かつて海運を通した日本の流通の表舞台であり、豊かな漁場として栄えたてきた深い歴史があります。そして、独自の地勢的な立地条件から、特徴的な景観や民家、路地、井戸、慣習などが「風土のカタチ」として残り、漁業や祭り、習俗など生業に伴う様々な「文化のカタチ」も、これまで受け継がれてきた多様な営みの集積として集落の町並みの各所に観ることができます。

 当企画展では、これら漁村集落での生活形態の在り方を「コンテクスト・サーヴェイ」という調査により精査し、その過程で出会った様々な「カタチ」と「文化」を、「地球の眼」・「鳥の眼」・「人の眼」という3つのスケールで捉え直して具現化した調査研究の成果を紹介します。

<展示内容>
1.集落地形模型(1/1000スケール)
(1)神島 
(2)菅島 
(3)答志・和具 
(4)桃取 
(5)九鬼 
(6)須賀利 
(7)梶賀 
(8)雑賀崎 
(9)田ノ浦 
(10)冷水 
(11)塩津 
(12)戸坂
※段ボール紙で構築した地形模型に、領域図(野良・村・山・浜・海)、
 津波浸水域、神社・寺院・墓地、路地、コンテクスト(特徴的な場所を
 説明とともに示す)をプロジェクター(一部)で投影。

2.集落写真(寸法・説明文入り)
  ヒューマンスケール(人の眼)として位置付けし、地形模型の背景に展示紹介。
(1)民家の造形を紹介 
(2)路地の空間を紹介 
(3)井戸を紹介
(4)墓地を紹介 
(5)石積み(石垣)
 ※集落内の特徴的な場所を説明とともに示す。

三、図版・図面等

 漁村集落に関連する図版等
(1)中央構造線と漁村 
(2)中央構造線と青石 
(3)集落年表 
(4)集落領域図
(5)集落断面図 
(6)集落動線図 
(7)津波浸水域図 
(8)関連論文や資料展示 など

なお期間中は関連イベントとして下記催しが行われます。

《付属事業》
(1)講演会
演題1「建築学から見た漁村集落」/演題2「路地空間の魅力」
○日 時:12月17日(日) 10時00分〜11時30分
○入場料:無料
○定 員:80名(要申込・先着順)
○場 所:展示棟映像ホール
○講 師:下田 元毅氏(演題1)・宮崎 篤徳氏(演題2)
○受 付:11月17日(金)〜12月10日(日)※定員になり次第締切
 
(2)フィールドワーク 
 新しい古道の歩き方「九鬼漁村まち歩き」

 古くから漁村として栄え、人の営みとともに独自の景観が育まれた尾鷲市九鬼町の「まち」を、建築工学専門家の解説を聞きながら歩きます。
○日 時:12月17日(日) 13時00分〜14時30分
○参加料:200円(保険料・資料代含む)
○定 員:30名(要申込・応募多数の場合は抽選)
○場 所:尾鷲市九鬼町
※集合場所:移住体験住宅「みやか」(参加者に別途案内)
○案内人:川窪 広明氏・下田 元毅氏・宮崎 篤徳氏、漁村×学シンポジウム実行委員会
○受 付:11月17日(金)〜12月10日(日)

3.ギャラリートーク
   演題1「海のコモンズからのまなざし」
   演題2「水の佇まいと漁村」

○日 時:1月20日(土) 14時00分〜15時30分
○入場料:無料
○定 員:80名(要申込・先着順)
○場 所:展示棟映像ホール
○講 師:下田 元毅氏(演題1)・宮崎 篤徳氏(演題2)
○受 付:12月20日(水)〜1月13日(土)※定員になり次第締切

※2017年11月30日掲載分(再掲)


>>関連リンク


バックナンバー
最新ニュース
(資料画像)須賀利集落

最新ニュース

最新ニュース
(資料画像)九鬼集落

最新ニュース

最新ニュース
(資料画像)三重県立熊野古道センター
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.